有価証券とは?

有価証券といっても非常に色々なものがありますが、投資の対象となるものとしては債券と株式とがあります。
債券を最も簡単に表現すると、お金を借りたという事を示す文書と言えるでしょう。
お金を貸すときには、貸したという事を証明するための文書が必要ですが、これが債券だと言えるでしょう。
債権とはお金を貸したときに、それを回収できる権利を指します。
ですから債券が有価証券の一つであると言えるのです。
証券といえば株式を指す事もあります。
証券には何らかの権利と義務とが記載されるのですが、株式には色々なことが書かれています。
株式を保有する人を株主と呼びます。
「会社の中で一番偉い人は?」会社は株主のものであるからです。
株式を保有する事によって経営に参画する事ができます。
保有する株式数に比例して議決権が得られるのです。
例えば経営陣を交代させると言うような事もできます。
これが株式の支配証券としての側面です。
もう一つは利潤証券としての側面があります。
株式会社は株主のものですから、利潤が生じた場合には、その利潤も株主のものであると言えるでしょう。
ですから、これを配当金として得る事ができるのです。
SMBC日興証券口座開設キャンペーン!【信用取引が無料】