カジノ法案成立によって注目される株の銘柄があります

ラスベガスやマカオのようなカジノが日本にも出来上がれば、経済効果や関連雇用は、何十年先まで絶大だといわれています。
この秋に、統合型リゾート推進法案、通称カジノ法案が成立する可能性があり、夢のようなことが現実化する可能性があります。
米国の関連会社が訪日し、売り込みを続けているという情報も入っています。
この計画によって、関連する株の銘柄が注目されています。
紙幣の鑑別機のメーカー、パチスロのメーカー、商用映像看板の開発や販売のメーカー、遊技機用ディスプレーを手がけるメーカー等があげられます。
また、日本企業は米国企業と共同で出資をすることが良いといわれており、そのあたりのことも認識しておくことが必要になっています。
株は、時代の波を読むことと、政府の発表する方針を敏感に感じ取ることによってうまく動いていきますので、今後こういった情報に敏感でありたいものです。
リゾート場の建設地等についても予想がされていますので、認識しておきたいものです。