通信教育で看護師になれる?

実際のところ、准看護師として働きながら学校にも通うというのはとても難しく、このハードルが高すぎて看護師へのステップアップをあきらめる准看護師も多かったんです。
ですが平成16年に「准看護師2年課程(通信制)」というものが始まったことで、キャリアの長い准看護師であれば、今までよりも軽い負担で、看護師へのステップアップが可能になりました。
准看護師2年課程(通信制)とはどんなものかというと、「准看護師としての実務経験が10年以上ある人なら、通信制の学校で通信教育を2年以上受けて看護を学べば、看護師の国家資格試験を受験できるようになる」というものです。
普通に看護師になるための学校進学をする場合なら准看護師の実務経験は3年以上あればOKなんですが、通信教育だと、なぜ10年以上もの長い実務経験が必要なのかというと。