bフレッツ料金夜だけ遅いのはなぜ?

Bフレッツとフレッツ光ネクストは、ともに定額料金のインターネットブロードバンド回線サービスです。
一見すると両者とも同じシステムと思われますが、使用しているネットワーク網が違います。
Bフレッツは「フレッツ網」と呼ばれる地域IP網で、同一回線を複数のユーザーで共有する通信方式です。
その為、一度に多くの通信が可能ですが、回線が混雑してくるとスムーズデーター送受が困難にになってくるデメリットがあります。
一方でフレッツ光ネクストは「NGN:NextGenerationNetwork」と呼ばれるネットワーク網で、回線内の通信を管理でき通信の品質を確保できるように工夫されています。
そのため、Bフレッツの回線は会社員や学生が帰宅した夜間に通信が集中するので、夜になると地域単位で通信が遅くなるのです。